melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

8/23の日本市場と売買 怪しい船には乗らない

■8/23の日本市場

日経平均19,434.64 (+50.8) TOPIX:1,600.05 (+3.93)

東証一部売買代金 概算:1兆9,037億円

 

日経平均は6営業日ぶりに反発。TOPIXは続伸。

本日の日本市場の背景について、以下に記載いたします。

SBI証券や株に関するインターネットの各サイトからの情報を記載しております。

 

 

≪背景≫

米国市場(8/22) 

NYダウ:2,899.89ドル  (+196.14)

  ⇒大幅続伸、上げ幅は4/25(232ドル高)以来の大きさとなる

ジャクソンホール会議(8/24~8/26)を控え、持ち高調整の買いが入った様子

・トランプ大統領と米議会の間で税制改正に向けた議論
 進んでいるとの一部報道も好感

 

日本市場

日経平均は6営業日ぶりに反発するも、上値は重い

 ⇒買い一巡後は伸び悩む

米国株の大幅続伸、円高が一服したことが好感

 ⇒1ドル109円台後半の場面も、後場円高方向にふれる

ジャクソンホール会議(8/24~8/26)を控えていることもあり、
 積極的に買う向きに乏しく、途中からは伸び悩む

 ⇒結果を見極めたいとの思惑も強い

・トランプ政権の先行き不透明感

・正午前に海外メディアが「トランプ米大統領は(メキシコ国境の)壁建設資金で

 政府機関の閉鎖も辞さないと述べた」と伝えた
円相場が対ドルで下げ渋り、日経平均先物が伸び悩んだ流れを受け、

 一時1万9,408円(前日比24円高)まで押し戻される場面があった。

3営業日連続で売買代金は2兆円を下回る

東証一部:値上がり 1,044銘柄 / 値下がり 842銘柄 / 変わらず 137銘柄

 

ジャクソンホール会議のイエレンFRB議長の講演は25日、ドラギECB総裁の

 講演は26日未明の予定となっています。

  

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

■8/23の売買 

・買い

取り引き無し

・売り

JAC Recruitment (信用):1,577×100株 (購入 8/22:1,570×100株)

 ⇒売買損益:7円×100株-手数料・税金

第一カッター興業 (現物):1,209×100株 (購入 6/15:1,201×100株)

 ⇒売買損益:8円×100株-手数料・税金

 

 2銘柄売り。損益は合わせて社員食堂の昼食代、ぎりぎり500円くらいです。

 

JAC Rectuitment

昨日信用で購入した100株を売却。本日の高値:1,583 、安値:1,567、終値:1,575なので、薄利ですが仕方がないです。売れて良かったです。

 

第一カッター興業

今年の8月9日に創立50周年を迎えた企業です。
6月に本決算で、配当の権利月は6月のみ、配当利回りは渋いです。
創立50周年の記念優待クオカード2,000円分(今年度のみ)の権利月も6月でした。記念優待のため、来年以降の優待の予定は現時点でありません。

 

昨日、第一カッター興業の株価が急に上がって、企業のサイトやニュースを調べても材料になるようなものは見当たらず、かなり怪しい上げでした。今日の朝も買い先行(1,221円)で始まりましたが、結局終値は1,175円。

 

唯一上がる材料としては、「日経ヴェリタス」に第一カッター興業の記事が載っているらしいとの情報のみ。それもYAHOO!ファイナンスの掲示板に同じ人が何度も書き込んでいるので怪しい情報なのですが。。

※私は日経ヴェリタスなるものの存在すら知りませんでしたし、コピペされたであろう記事の内容もその程度のことはすでにみんな知っているのでは?というような内容でした。

 

PER/PBRでみるとかなり割安ですし、財務健全性も安心できます。また、本日は経営基盤の強化を図るため社長交代の情報が開示されました。

第一カッター興業は万年割安の印象もかなり強いですが。

 

本日の下げが押し目になり、株価が継続して上がっていくのかどうか気になるところですが、記念優待目当てで高値掴みした私は売却しました。

怪しい上げでしたし、ジャクソンホール会議を控えています。日経平均も上値が重く、このまま上がっていくとはなかなか思えませんからね。

 

---------------------------------------

日経平均、なかなか上がらない、なかなか下がらない。

ジャクソンホール会議でどちらかに動くのでしょうか。

それともその前に大きく動くことがあるのか。

今日の米国市場、ドル円にも注意しつつ、明日に備えます。 

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。