melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

8/16の日本市場と売買

■8/16の日本市場

日経平均:19,729.28 (-24.03) TOPIX:1,616.00 (-0.21)

東証一部売買代金 概算:1兆8,757億円

 

日経平均TOPIX、小幅反落。

本日の日本市場の背景について、以下に記載いたします。

 

≪背景≫

米国市場

・NYダウ:3営業日続伸

北朝鮮がミサイル発射を見送ると報じられ、米朝軍事衝突への懸念後退

小売売上高・NY連人製造業景気指数・NAHB住宅市場指数など、15日発表の経済指標が市場予想を上回る

⇒強い指標が好感

・アップルは高値更新 ホームデポなど小売株は軟調

全体的に上値が重い展開

 

日本市場

北朝鮮をめぐる地政学リスク後退

 ⇒根的解決には至っておらず、市場関係者の動きは鈍い

1ドル110円台後半でのもみ合いで安心感

 ⇒輸出株が買われる地合いとはならなかった

前場はプラス圏維持も後場は終盤に手じまい売りがかさみ

 前日比マイナス圏で着地

 ⇒前日の終値を挟んだ小幅な値動きに終日とどまった

・ボックス相場の下限であった6/15安値19,755円を超えた水準では戻り売り圧力も強い

売買代金が7/25以来15営業日ぶりに2兆円を下回った

 ⇒夏季休暇に伴い市場参加者が限定、閑散としており、盛り上がりのない展開

 

東証一部:値上がり1,034銘柄、値下がり874銘柄、変わらず115銘柄

 ⇒日経平均は反落も、値上がり銘柄の方が多い

 

今晩はFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨が公表されます。それを受けて為替・債権市場がどうなるのか。本日のアメリカ市場がどう反応するのかで、明日の日本市場の展開も変わってきそうです。

 

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 

■8/16の売買 

 

 

取り引き無し

 

本日は様子見に終始しました。

FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨に米国市場・ドル円がどう反応するのか。

株価が上がってくれればいうことはないのですが、そうならないんじゃないか?、今週もどこかで大幅な下落があるのでは?なんてことも考えています。

リスク管理はしっかりとしなければ。(損切りをなかなかできない自分ではありますが)

 

明日は、薄利で良いので売れるのであれば、1銘柄売ろうと思います。

売る銘柄は決めているので売れてくれ~。

 

 

そして、明日は休日ですので部屋の片づけ、資料の整理などを徹底的にして、心を休めたいです。

頭の中に靄がかかっているような感じで、心身ともにまったく良くありません。

久しぶりにランニングを始めようかとも考えています。

体を動かすのと頭がすっきりすることが多いですもんね。

 

とっとと利益をもっと出して楽になりたいですが、急ぐと失敗しますので

自制してしなくては。

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。