melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

8/14の日本市場と売買

■8/14の日本市場

日経平均:19,537.10 (-192.64) TOPIX:1,599.06 (-18.19 )

東証一部売買代金 概算:2兆5,731億円

 

日経平均は約3か月ぶりの安値となり、日経平均TOPIXともに4日続落。

日経平均は一時1万9500円割れ、TOPIX終値で6/16以来の1,600pを下回った。

北朝鮮情勢の警戒・円高・米国金利低下が重しになった。

本日の日本市場の背景について、以下に記載いたします。

 

≪背景≫

・米国株の失速

北朝鮮情勢への警戒感

・先週末発表の米国物価指標が市場予想を下回り、金利低下円高の進行(連休中に一時ドル円が108円台に)

日本株安を加速 輸出関連の主力銘柄を中心に売りが優勢となった

⇒為替が円安にふれるも押し目買いは限定的で、軟調な展開となる

・好決算銘柄の押し目、見直し買いが見られた ただし、限定的

GDP(4-6月期)速報値は年率4%増(市場予想2.5%増)
日経平均の下支え要因

東証一部:値上がり342銘柄、値下がり1,629銘柄、変わらず51銘柄

 

今後、中国経済の鈍化なども注意が必要なようです。

15日0:20現在、NYダウ・ナスダックともに続伸、買いが優勢。ドル円は109円台半ば。

明日の日経平均、反発しそうですがどうなるのでしょう。

 

ポイントいつでも5倍【楽天ゴールドカード】

■8/14の売買 

取り引き無し

 

今日は様子見でした。

含み益の銘柄もここまで下がれば売るようにしていましたが、そこまでは下がらず。

 

以前米国がISISへの空爆のニュースで日経平均が大幅に下がったのを記憶しています。

(2014年8月だったと記憶していますが、間違っていたらすみません)

その後は意外と順調に株価は回復したような気がしています。

ただ今回は、ミサイル・核兵器という恐怖。何をするかわからない北朝鮮という国。

安心できることがあるのでしょうか。

 

もし、大きく下がるなら買い場と考えて買うべきなのかどうなのか。

なかなか難しいですね。とりあえずは様子を見ようと思います。

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。