melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵画などについて

日焼けした背表紙 上半期の読書記録1

2017年の下半期に入ってずいぶん経ちますが、いまさら上半期に読んだ本について書いていこうと思います。読書についても何か書きたかったのですが、どういう風に書こうかなかなか思いつかずでした。

独断と偏見で『チューボーですよ』的に五つまでの星と感想を書いていきます。

 

■読書の記録

※参考書や経済誌などは除きます。主に小説についての記録です。 

 

漁港の肉子ちゃん』 西加奈子

星:★★★★★ (5つ)

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) [ 西加奈子 ]

価格:648円
(2017/8/12 21:07時点)
感想(25件)

むちゃくちゃ面白かったです。2人のキクコ(肉子ちゃんとキクりん)の話。

一番気に入っている部分は、物語の終盤、肉子ちゃんとキクりんの関係の真実が明かされるところなのですが、感動の涙が出るとともに、肉子ちゃんの何とも言えない面白い描写についつい笑ってしまい、泣き笑いしてしまいました。

読書で感動して泣くことはあるし、面白くて笑うことはありますが、その両方を同時にさせられるなんて思ってもみませんでした。おそらく読書で泣き笑いなんて生まれて初めてだと思います。

登場人物もみんな魅力的で、とてもおすすめな作品です。 

 

 

騎士団長殺し 第1部/第2部』 村上春樹

星:★▲ (1.5個)

※星の半分の記号があれば良いのですが、▲で星半分を意味しているとお考えください。 

騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 [ 村上 春樹 ]

価格:1,944円
(2017/8/12 20:38時点)
感想(26件)

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 [ 村上 春樹 ]

価格:1,944円
(2017/8/12 20:38時点)
感想(19件)

 

僕には合いませんでした。物語の中にのめりこむことができず、とても楽しみにしていただけに残念でした。ただ、数年後に読んだらまた印象が変わるかもしれませんし、面白いと感じるかもしれません。

キーとなる登場人物の一人、「免色」というおじさんが不気味であったし、免色含む登場人物のすべてに魅力をあまり感じられませんでした。

主人公は過去の恋愛で傷ついていて、その恋愛を引きずっている。そして、ところどころに性描写を挟んでくるところは、いつもの村上春樹作品だなって感じでした。

 

海辺のカフカ世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドノルウェイの森1Q84、色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年などなど、村上春樹の作品は好きな作品も多いのですが、騎士団長殺しは、現在の自分には星1.5個といったところでした。

 

とても楽しみにしている本を読むときは、BGM用のCDも買うようにしています。CDの音楽を聴くとその本を思い出し、逆に本を読むとそのCDの音楽を思い出すようにするのが僕の読書の楽しみの一つです。

騎士団長殺し用にも以下の2枚のCDを購入しました。2枚のCDを聴くと騎士団長殺しの世界観が思い出されます。ただ、今の自分には合わない作品であったので、少し複雑です。(CDは2枚とも気にいっています)

Clap Your Hands Say Yeah / Tourist 輸入盤 【CD】

価格:1,788円
(2017/8/12 20:56時点)
感想(0件)

【送料無料】 James Vincent Mcmorrow / We Move 輸入盤 【CD】

価格:1,934円
(2017/8/12 21:01時点)
感想(0件)

 

とりあえず今回は2作品。今後、読書記録も定期的に書いていければと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

昨日はダークサイドに落ちそうでしたが、まあ、自分のことは自分の頑張り次第で何とかなりますから。頑張るだけですね。

 

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!