melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

3年と1日前の夜空

f:id:melancholy198x:20170811231730j:plain

 

パソコンの写真を整理していると3年前の8月10日に撮影した写真が出てきました。昨日に気付けば、ちょうど3年前の空と書けたのですが、今日は8月11日なので3年と1日前の空。少し語呂がわるいし、曇っているし。

雲の裏には満月のような輝きが。もし雲に覆われていなければ、少しくらい欠けているかもしれませんが、ほとんど真ん丸な姿が拝めただろうに。

それにしても、どこで撮ったのだろうか。そしてなんで撮ったのだろう。まったく思い出せません。きっと満月っぽいぞってことで撮ったんでしょう。

先ほどベランダから外を眺めてみましたが、星も月も見えませんでした。小学生の頃、星座早見盤みたいなクルクル回して、今の時期に見える星座がわかる道具をもらったのをふと思い出しました。あのクルクル回す道具、なんか子供心にカッコよかったですよね。

 

 

明日も仕事ですが、明後日は休みですので父の墓参りに行こうと思います。

私の家庭もいろいろな問題を抱えていて、18歳で家を出てからはほとんど実家に帰ることもありませんでしたし、家族ともほとんど縁を切ったような状態でした。実家に帰ると吐き気をもよおすくらい、なんらかのトラウマ的なものがあったのでしょう。

小さいころから散々考えてきたことですが、誰が悪いってことはないのです。いや、小さい頃は特定の誰かが悪いと思っていましたが、年齢を重ねるうちに誰か個人の責任ではないのだなという結論に達しました。誰も悪くはないのだと。

今思えば、もっと会話をすべきであったし、提案・相談をすべきであったと思いますが、そうするには私は幼かったし、知恵も経験もありませんでした。両親がしてくれればとも思いましたが、なかなか難しかったのでしょう。

時間が解決してくれれば良かったのですが、時間は何も解決してくれません。実家で過ごした18年間と同様にこの3年と1日も、きっと。

 

この夏以降、私自身もかなりの正念場なのでどうとも言えませんし、誰かの心配ができるほどの余裕もなくなるでしょう。ただ、今度実家に帰るときには少しはいい方向に向かっていればと祈るばかりです。

 

10代や20代の繊細さなんて社会で生きていくには不要だろうし、とっとと汚れちまった方がよっぽど楽だろうなぁなんて思います。

あと、家庭内の問題で両親・家族が解決できない場合は、第3者が介入すべきなのだろうなぁと。

 

『歳をとったら参る墓が増えて、まいる』なんてしょ~もないダジャレが頭の中をループしている私はオヤジになったのだろうか。30代前半、甥っ子・姪っ子もいるし、オジサンなのだな。

 

とりあえず、株で大儲けしたら全部解決できるのだろうか。

すぐに大儲けできるような高リスクな取引はしないだろうけど。