melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

8/8の日本市場と売買 危ない橋を渡る

■8/8の日本市場

日経平均:19,996.01 (-59.88) TOPIX:1,635.32 (-3.95)

東証一部売買代金 概算:2兆1292億円

 

日経平均TOPIXともに反落。日経平均はまたも2万円割れ。

朝方は7日の米国株高を背景に買いが先行したが、その後はドル/円が円高にふれたことや株価指数先物にまとまった売りが出たこともあり、日経平均TOPIXともに下落しております。

なお、東証一部売買代金は10営業日連続で2兆円を上回っています。

 

本日の日本市場の背景について、以下に記載いたします。

 

≪背景≫

・7日の米国市場では良好な決算などが好感、NYダウは25ドル高と10日続伸

・複数の連銀総裁が追加利上げに慎重な姿勢を示す

 ⇒ドル/円は、1ドル:100円後半で下げ渋る

・日本市場:朝方は若干の買い優先で始まるが、利益確定売りに押される

円高にふれたこと、株価指数先物にまとまった売りが入った

 ⇒新規の材料に乏しく、戻りは鈍かった

東証一部:値上がり866銘柄、値下がり1,023銘柄、変わらず133銘柄

 ⇒個人を中心に個別銘柄への物色意欲は消えていないようではある

・夏季休暇にともない海外投資家など機関投資家の参戦が限られる

 ⇒押し目買いなどの動きは限定的

 

日経平均の2万円を挟んだ展開。いつまで続くのだろう。

「今月末(24~26日)の米国で開催される経済シンポジウム『ジャクソンホール』までもみ合う可能性がある」との声もあるようです。

 

夏枯れ相場、売買代金は2兆円は超えていますが、これから下がっていくでしょうし、何か材料があるわけでもないので、確かに月末までこの展開が続く可能性も十分ありますよね。

 

ポイントいつでも5倍【楽天ゴールドカード】

■8/8の売買 

買い

JAC Recruitment:1,664×100株 (信用)

カカクコム:1,353×100株 (現物)

 

昨日、冷静さが重要なんて書きましたが、今朝はどっかの中小型株を500~1,000株買ってデイトレードしてやろうかなんて考えがよぎりました。全然冷静じゃない。

しかし、その考えを理性と冷静さで抑えることができました。命拾いしました。

 

JAC Recruitmentは短期売買で考えてます。安い値で400株現物で保有しているので心に余裕をもって、売買ができます。短期売買がうまくいかなければ、最悪、現引きして12月の配当の権利をとってもいいとも考えています。

ずっと値動きを見てきた銘柄、ここからさらに下がる可能性も十分あるのですが、配当利回りが支えとなっている感じでしょうか。

 

カカクコムは、中期・長期での保有を考えて現物で購入。かなりの下降トレンドです。

ただ、財務健全性もかなり優れていますし、業績も右肩上がり。ここまで売られているのが理解できない。十分株価対策もできる財務だと思いますので、良いニュースがあることを期待して購入しました。9月/3月と配当の権利月もありますし、長期で考えたら利益を獲れる可能性の方が高いのでは、と。

ただ、信用買残は気になります。もう1段下がる可能性や長い期間この株価でもみ合う可能性も高そうです。

 

『落ちてくるナイフは掴むな』と格言がありますが、手が血だらけになるのか、タイミング良くつかめたのか、結果はどうなんでしょう。

 

危ない橋だとは思いましたが、JACR100株、カカクコム100株だけです。

1,000や2,000、10,000株の大勝負ではありませんので、注意しつつ、この橋を渡ろうと思います。

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。