melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵などについて

忘れ去られたポップコーンとコカコーラ 2 | 映画「ベルリン・天使の詩」とニック・ケイヴ

記憶をたどりながら、映画で知った音楽について、自分のために。です。

 

人の記憶ってこんなにも薄れるものなんですね。映画のあらすじとかがなかなか思い出せまん。以前は友人と映画の話をすることもあったのですが、最近は映画を見ることが少なくなりましたし、友人と会うことも少なくなっています。映画から離れてしまっていることも原因かもしれません。

 

とりあえず、2回目はベルリン・天使の詩ニック・ケイヴ

 

■映画:ベルリン・天使の詩

公開:1988年4月23日(日本)

監督:ヴィム・ヴェンダース

出演者:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボイス、ピーター・フォーク

 

内容は「天使がいて、恋をしてって話です」だけじゃ、子供の感想じゃないのですから、さすがにいけませんよね。

 

まず、印象に残っているのはこの映画の世界観・空気観。

ハリウッド映画みたいな派手なものではなくて、家の落ち着く場所で詩集を1ページずつ丁寧に読み進めていくような感じの映画でした。

 

内容は、大人には見えない一人の天使が街の人々を見守っている。

天使は人々の心の中の声が聞こえて、その天使と親友の天使は人々のことなどを話したしている。そして、天使が空中ブランコ乗りの女性に恋をしてしまう。

途中、刑事コロンボの人が、本人役で出てきたりします。

※ネットで調べるとかすかに記憶が多少よみがえりましたが、不確かな部分も多く、しっかりと見直します

 

この映画は時代を超越して残っていくであろう映画だと感じます。

いつの時代にもベルリン・天使の詩を必要とする人はいるでしょう。

 

ニック・ケイヴ  (Nick Cave)

そして、この映画の中で強烈に印象に残っているのがニック・ケイヴ (Nick Cave)

映画の途中にニック・ケイブのライブシーンがあって、その音楽を聴いたときになんてカッコいんだと衝撃を受けました。

映画のあらすじはうろ覚えですが、ニック・ケイヴの衝撃は今も鮮烈に覚えています。

映画を見た後、Nick Cave&Bad SeedsThe Birthday Party などニック・ケイヴ関連のCDを少しずつ買い集めていきました。

 

映画のシーンがYouTubeにあがっていますので載せておきます。

2:05~カッコよすぎです。


Wings of Desire

歳をとってからのライブもカッコいい。


Nick Cave & The Bad Seeds - From Her To Eternity (Glastonbury 2013)

 

 20代の頃バンドをしていて、むちゃくちゃ憧れましたが、音楽性がすごすぎて真似もできないというか。どうなってんだって感じでした。

アヴァンギャルドアンダーグラウンド

 

ニック・ケイヴの周りのミュージシャンもむちゃくちゃカッコいいです。

BadSeedsのバイオリンの人がやっているバンドのDirty Threeとか。

Nick Cave&Bad Seedsの前にしてたThe BirthdayPartyもかなりカッコいいです。

ニック・ケイヴ関連のCDを買い集める中でThe BirthdayPartyをもっともよく聞いていたと思います。

そのあたりはまた後日ご紹介できればと思います。

 

人生で一度は見ておきたい映画。

ベルリン・天使の詩 【デジタルニューマスター版】 [ ブルーノ・ガンツ ]

価格:3,283円
(2017/8/6 22:40時点)
感想(3件)

YouTubeで紹介した曲が収録されたCD。このCDは、好き嫌いがかなりあるかもしれません。一般受けするアルバムでは無いでしょうね。

【中古】 【輸入盤】From Her to Eternity /ニック・ケイヴニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ 【中古】afb

価格:498円
(2017/8/6 22:45時点)
感想(0件)

 

 ニック・ケイヴ関連のCD、しっかりと聴きこめていないものもあるので

もう一度しっかり聞き直そうと思います。

 

AMAZONはこちら

フロム・ハー・トゥ・エターニティ(コレクターズ・エディション)(リマスター)(DVD付)

フロム・ハー・トゥ・エターニティ(コレクターズ・エディション)(リマスター)(DVD付)

 
広告を非表示にする