melancholy198xの日記

株式投資、資格の勉強、音楽、読書、絵画などについて

週末の作業 / NISA口座の年度別収支の公開

■週末の作業

先ほどまで日経マネー誌の一部に目を通し、証券会社のサイトの経済指標や自分が

保有している銘柄、購入を考えている銘柄のニュース・チャート・業績などを見て、

来週の買い注文・売り注文を考えていました。

 

仕事があるので、市場が休みの日曜日に1週間~2週間先までの期限で買い注文・

売り注文を入れておき、休憩時間や仕事終わりにニュースや株価の動きに合わせて

注文の訂正をしています。

仕事の10分休憩などにスマートフォンから買い注文・売り注文を入れるよりも

すでに出した注文の値段を訂正する方が時間が短縮できるという考えから

このようにしています。

株価はスマートフォンのアプリ「YAHOO!ファイナンスで確認しています。

ニュースも見れますし、無料アプリですのでとても重宝しています。

 

来週以降どうなるんでしょうね。

2014年6月に株式投資をはじめて3度目の夏。

8月はあまりいい印象がありません。夏枯れ相場なんていいますしね。

7月・8月の優待銘柄は保有していませんが、いいタイミングがあれば

購入したいですね。無理せず、高値掴みはしないよう注意です。

 

お名前.com

 

■NISA口座の年度別収支について

前述のとおり、私が株式投資を始めたは2014年6月。

アベノミクスや追加緩和などなど、本当に始めるタイミングが良かったと思います。

株関係の書籍や雑誌のタイトルのような「数千万円儲けた」、「2年で資産が3倍に」、「10万円が1,000万円に」などの華々しい、胡散臭い文言のような利益は出せて

おりませんが、なんとかプラスでやってこれています。

 

自分の収支を公開するということに対して、はしたないという気持ちは大いに

あるのですが、匿名であり、株式投資について書いているブログということもあり、

NISA口座限定で、定期的に公開していこうかなと考えました。

 

3年程度の経験でわからないことだらけのまだまだ初心者の私でも、 株式投資

始めるタイミング、株式の購入・売却のタイミングが合うことや書籍で継続して

勉強することなどで、生活にほんの少しゆとりができるくらいの利益を出すことが

できました。

※勉強に利用した書籍や普段参考にしているサイトなどもいつかご紹介できればと思います。

 

大きなリスクを取らなければ、ある程度の利益は誰にでも出せるのではないか

というのが私の考えです。

ただ、何がリスクになるかをしっかりと判断するためには、経験などが必要で

私もまだまだ未熟だと感じるばかりです。 

投資人生ではリーマンショックなどを経験したことがないので、投資に対して怖さ・慎重さは

常に持つようにしています。

 

さて、下記が2014年から現在2017年7月に至るまでのNISA口座の年度別収支です。

f:id:melancholy198x:20170723234038j:plain

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

 

2014年に関しては、含み損やいつか来るであろう株価の急落、暴落にびびりまくって

かなり短期での売買が多かったです。

証券会社選びやNISA口座を申し込み、口座ができるまでの数か月勉強はしていたものの

恐怖心が強かったですね。せっかくの非課税なのに配当はほとんどもらわずに

2015年の中旬までに、2014年度に購入してNISA銘柄はすべて売却しています。

 

2015年は銘柄選びで失敗をして、含み損の銘柄を現在も保有中です。

銘柄選びもそうですが、売るタイミングを逃してしまいました。

非課税で配当をもらいながら塩漬け状態ですね。

高い勉強代ですが、今後に活かそうと思います。

 

 2016年はいいタイミングで複数の銘柄を購入できました。

株主優待を本格的に意識し始めたのも2016年に入ってからです。

やはり購入するタイミング、良い銘柄をいかに安値で購入できるか

いかにそれまで待つことができるかが大事ですね。

 

2017年

3月の配当をもらうために、早めにNISAで複数の銘柄を購入しました。

良くもなく、悪くもなくといったところでしょうか。

優待銘柄もいくつか購入。

高値掴みで含み損の銘柄も一部はありますが、優待銘柄はまずまずの

利益を出してくれています。 

 

********************************************************************************

すでに2017年も半分以上が過ぎました。

リスク管理を徹底して、大損をせず、欲張らず、ある程度の利益を継続して

出していければいいなと考えています。

 

※株の売買は自己責任です。

 株の売買については、いかなる責任も負いかねますことをご留意ください。